本文へジャンプ

お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. NBIが技術提供する無害化ソリューションがデジタルアーツのm-FILTERに対応

NBIが技術提供する無害化ソリューションがデジタルアーツのm-FILTERに対応

2017年12月5日

 株式会社NSDビジネスイノベーション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:山本 徹、以下「NBI」といいます)は、NBIが技術提供するファイル無害化自動連携システム「Votiro Auto SFT Plus」と、デジタルアーツ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:道具 登志夫、以下「デジタルアーツ」といいます)のメールセキュリティ製品「m-FILTER」を連携することで、標的型メール攻撃の無害化に対応し、「Votiro Auto SFT Plus for m-FILTER」として、テクマトリックス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:由利 孝、以下「テクマトリックス」といいます)より提供されることとなりましたので、お知らせいたします。

 NBIは本ソリューションに対して、自社開発している大容量ファイル転送システム「eTransporter」の技術を提供しております。「eTransporter」は、ネットワーク分離環境でのファイルの受け渡しをはじめ、組織内外でのファイル転送やメールを活用した大容量ファイル転送など、様々なシーンで活用頂けるファイル転送システムです。NBIは「eTransporter」の自社開発機能の提供に留まらず、第三者の優れたソリューションと積極的に連携することでお客様のご要望に的確に対応してまいります。

Votiro Auto SFT Plus for m-FILTERソリューション概要

 テクマトリックスのファイル無害化自動連携システム「Votiro Auto SFT Plus」は、NBIの「eTransporter」の技術をベースにしたユーザ数無制限版のネットワーク分離環境に特化したファイル受け渡し機能「Secure File Transporter(以下「SFT」といいます)」と、ファイル無害化ソフトウェアとして自治体への導入実績が最も多い「VOTIRO SDS-WS(以下「VOTIRO」といいます)」をパッケージ化したものです。

 Votiro Auto SFT Plus for m-FILTERは、国内導入実績No.1*のメールセキュリティソフトウェアであるデジタルアーツのm-FILTERのMailFilterの新機能とVotiro Auto SFT Plusのオプション新機能との連携で実現いたします。受信した添付ファイルをm-FILTERのMailFilter機能により隔離した後、m-FILTER MailFilter Ver.5.1で搭載予定の添付ファイル保存機能により当該添付ファイルを指定のWindowsフォルダに自動転送します。Votiro Auto SFT Plusの新たなオプション機能のSFT Auto Agent for m-FILTER により、Windowsフォルダに保存された添付ファイルをファイル受け渡しシステムのSFTが取り込みます。SFTは、VOTIROに自動転送し、ファイルの無害化処理を行うことで、利用者が、安全に分離されたネットワークからマルウェアフリーな添付ファイルを受信することができます。

* ミック経済研究所 情報セキュリティソリューション市場の現状と将来展望2016【内部漏洩防止型ソリューション編】

Votiro Auto SFT Plus for m-FILTER 概念図

概念図

Votiro Auto SFT for m-FILTERとm-FILTERの主な各機能

機能概要m-FILTERSFTVOTIRO
メール振り分け機能LG-WAN、インターネット接続宛てのメールを振り分ける。--
メール添付ファイル分離機能メール添付ファイルを分離する。--
メール添付ファイル
原本アーカイブ機能
メール添付ファイルの原本をアーカイブする。○1--
メール本文無害化機能メール本文をテキスト化、URLリンクを無効化する。--
添付ファイル保存機能添付ファイルを指定のフォルダに保存する。○2--
ファイル受け渡し機能異なるネットワーク間でファイルを受け渡す。--
メール添付ファイル受け渡し機能Windows共有サーバへ保存されたメール添付ファイルをSFTへアップロードする。-○2
上長承認ファイル受け渡し時に上長承認を可能にする。--
添付ファイル無害化機能添付ファイルを無害化する。--
1. 別途m-FILTER Archiveライセンスが必要です。
2. m-FILTER MailFilter Ver.5.1ライセンスおよびSFT Auto Agent for m-FILTERが必要になります。

<本ソリューションのリリース日>
2018年4月末予定(パスワード付ZIP対応は、2018年5月末予定)

テクマトリックスについて

 テクマトリックスは、IT 分野において最先端の製品とソリューションを提供する総合的なソリューションプロバイダーです。2015年に創業30年の節目を迎えたことを機に発表した中期経営計画「TMX 3.0」に基づき、「クラウド関連事業の戦略的・加速度的推進」と、「セキュリティ&セイフティの追求」を事業戦略とし、医療・CRM・ECなどの分野でSaaS (Software as a Service)を主体としたクラウド事業を展開しています。また、サイバー攻撃に対する防御対策製品やサービスの提供を行うとともに、IoT時代の組込みソフトウェアの機能安全の実現を目指しています。

デジタルアーツについて

 デジタルアーツは、フィルタリング技術を核に、情報セキュリティ事業を展開する企業です。製品の企画・開発・販売・サポートまでを一貫して行い、国産初のWebフィルタリングソフトを市場に出したメーカーならではの付加価値を提供しています。また、フィルタリング製品の根幹を支える国内最大級のWebフィルタリングデータベースと、世界27の国と地域で特許を取得した技術力が高く評価されています。国内でトップシェアを誇るWebフィルタリングソフトとして、家庭及び個人向け「i-フィルター」・企業向け「i-FILTER」「i-FILTER ブラウザー&クラウド」を提供する他、企業向けとしてゲートウェイ型電子メールセキュリティソフト「m-FILTER」、クライアント型電子メール誤送信防止ソフト「m-FILTER MailAdviser」、セキュア・プロキシ・アプライアンス製品「D-SPA」、ファイル暗号化・追跡ソリューション「FinalCode」を提供しています。

NSDビジネスイノベーションについて

 株式会社NSDが開発したソリューションサービスについて、営業力をさらに強化することを目的として、平成25年4月1日に設立した会社です。使いやすさとセキュリティ性の高さから官公庁・自治体においても多数の導入実績を持つ、セキュア大容量ファイル転送システム「eTransporter」など、セキュリティ関連事業を扱う部門が当該ビジネスに特化した専門子会社として独立することで、事業運営の機動性を一段と増し、お客様へのご提案や他社とのアライアンスをさらに積極的に推進しています。

製品導入に関するお問い合わせ先
テクマトリックス株式会社
 ネットワークセキュリティ事業部
 インテグレーションビジネス推進室 インテグレーション営業課
 〒108-8588 東京都港区三田3-11-24 国際興業三田第2ビル
 TEL : 03-4405-7815
 E-mail: vas-sales@techmatrix.co.jp
本プレスリリースに関する報道関係の方のお問い合わせ先
株式会社NSDビジネスイノベーション
 営業部 竹本
 〒101-0041東京都千代田区神田須田町1-5-10 相鉄万世橋ビル
 TEL : 03-3257-1141
 E-mail: info@nsdbi.co.jp

※文中の「m-FILTER」、「i-フィルター」、「i-FILTER」、「D-SPA」、「FinalCode」はデジタルアーツの登録商標です。

※本内容に記載の情報は、2017年12月5日現在の情報になります。

ページの先頭へ戻る↑