本文へジャンプ

お知らせ

  1. ホーム
  2. お知らせ
  3. マシンアイデンティティ管理大手のVENAFI、電子証明書最大手GMOグローバルサインと電子証明書の管理運用を向上させる戦略的パートナーシップを締結

マシンアイデンティティ管理最大手のVENAFI、
電子証明書最大手GMOグローバルサインと
電子証明書の管理運用を向上させる戦略的パートナーシップを締結

2019年4月11日

 株式会社NSDビジネスイノベーション(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:戸村 敦雄、以下「NBI」といいます)は、マシンアイデンティティ保護の大手プロバイダであるVENAFI(本社:ユタ州ソルトレイク、CEO Jeff Hudson、日本支社:東京都、カントリーマネージャ 徳久 賢二)、電子認証サービスを展開するGMOグローバルサイン株式会社(代表取締役社長:中條 一郎 以下、GMOグローバルサイン社)と、電子証明書の管理運用の向上とさらなる普及を目指し、戦略的パートナーシップを締結したことをお知らせいたします。

電子証明書管理の現状と課題

 ネットワークへのアクセスが様々なデバイスやIoT機器からも行われるようになり、ますますエンドポイントの複雑化が進んでいますが、その中でセキュアな通信を行うために電子証明書や電子鍵が使用され、個々を識別した上で暗号化通信が幅広く利用されています。しかし、企業で利用されている電子証明書や電子鍵はその利用形態が多岐に渡ることから管理が難しく、最近日本でも多くのユーザが経験したようなシステムダウンなど大きなトラブルが度々発生する状況となっています。このようなトラブルに対しては、電子証明書の有効期限やアルゴリズムの状況把握だけでなく、証明書の再発行も含めたライフサイクル管理を自動化することがセキュリティレベルの高いシステムを安定稼働させるために考慮すべきポイントとなります。

3社での戦略的パートナーシップの意義

 NBIはこの戦略的パートナーシップにより、電子証明書の管理運用に具体的な課題を持つ顧客に対し、Venafi TPP(Trust Protection Platform)を提供します。これにより、企業内の様々なメーカーの電子証明書の一元管理を実現し、現状把握、課題把握することで、電子証明書の発行を含めた最適なライフサイクルをご提案します。

記念キャンペーン

 今回3社の戦略的パートナーシップを記念し、以下キャンペーンを実施いたします。ぜひこの機会に電子証明書とその自動管理を導入しセキュアなアクセス環境をご構築ください。


 期間:2019年4月11日から2019年7月10日まで

 内容:証明書運用課題診断サービス  無償提供  – NSDビジネスイノベーション&VENAFI

    問題のある証明書が発見された場合にはグローバルサインの証明書をご提供いたします。

 条件:3社限定

 ※証明書運用課題診断サービスは既存証明書の有効期限切れや脆弱性を該当企業様全体で
  診断、ご報告するアセスメントサービスです。

 ※ご提供する証明書の対象はグローバルサイン以外の証明書とさせていただきます。

 ※お問い合わせをいただいた企業様にヒアリングをさせていただいたのちに
  キャンペーン提供の可否を判断させていただきます。

各社からのコメント

■VENAFI, INC.  Vice President of Global Sales Christophe Culine
 NBIとGMOグローバルサインとのパートナーシップにより双方のお客様が完全に自動化されたマシンアイデンティティ保護プロセスに迅速に移行できるようになり、非常に興奮しています。弊社のソリューションを組み合わせることで、お客様はIT及びセキュリティに関するコストやリソースを削減し、数百万ドルのコストがかかるような経営に悪影響を及ぼす可能性のある証明書の失効や問題に伴うサービス停止を防ぐことが可能となります。

■GMOグローバルサイン株式会社 General Manager of Americas and Chief Product Officer Lila Kee
 GlobalSignのミッションは、全てのエンドポイントに実装された証明書のライフサイクル全体をサポートするために、セキュアでスケーラブルかつ、管理しやすいソリューションをエンタープライズ企業に提供することです。つまり、進化し続けるエンタープライズ企業の一連のシステム運営に対し、安全で自動化された証明書・鍵管理ソリューションを提供します。 今回のVENAFIとのパートナーシップは、ビジネス的にも技術的にも深く根差したもので、まさに我々のミッションを達成するために必要なものです。今後の海外での展開も視野に入れたVENAFIとNBIとの戦略的パートナーシップを全面的に支持します。

■株式会社NSDビジネスイノベーション 代表取締役社長 戸村 敦雄
 3社間の戦略的パートナーシップの締結を大変嬉しく思います。電子証明書のライフサイクルを提案するためには、VENAFIの現状把握と証明書インポートの自動化を行うだけでなく、証明書の発行も含めた証明書ベンダーとの協業が必要と考えておりました。この戦略的パートナーシップを皮切りに、VENAFIの日本市場への販売を加速するとともに、電子証明書の更なる普及を目指して参ります。

ページの先頭へ戻る↑