よりスピーディに。よりセキュアに。
その矛盾を共存させる鍵こそが、「権限管理」

日々ビジネスのスピードが加速する今、社内外で迅速なデータの共有が求められます。オンラインストレージの利用が前提の案件も増えてきているはずです。しかし一方で、情報漏えいなどのセキュリティリスクへの対応もおざなりにはできません。

スピード感のあるファイル共有を、いかにセキュアに行うか。社外の人材と協力してプロジェクトを進めることが当たり前の時代に、最適なオンラインストレージとは何か。そうして辿り着いた答えこそが、「eTransporter Collabo」。「権限管理」の充実からオンラインストレージを進化させるeTransporter Collaboの特長をご紹介します。

外部コラボに強いeTransporter Collabo

あなたのお悩みを解決し
プロジェクト・チームの生産性を高めます

あらゆる仕事が同時並行で進んでいる

プロジェクトごとに
チームを編成する時代へ!

さまざまなプロジェクトが同時並行で進む時代。社内外を含め案件ごとに参加メンバーは異なり、また同時に各案件で個々人に課せられる役割も変わっているはずです。従来のオンラインストレージは、そうした業務の変化ではなく、システムに業務を合わせることを強いてきました。

社内だけでは完結しないチーム編成

プロジェクト直結型の
eTransporter Collaboなら、
役割を明確にできる!

eTransporter Collaboは権限管理をきめ細やかに設定することを通じて、システムではなく、プロジェクトに直結するオンラインストレージを実現しました。管理者が設定した各ユーザのアクセス権限は、そのままプロジェクト参加メンバー個々人の役割と責任の定義を意味します。

仕事一件一件の納期が短い

納期は変えられなくても、
コミュニケーションは
変えられる!

日々、一つの案件に与えられる時間が短くなっていることを実感していませんか。スピードと効率化が至上命題の今、納期を伸ばすという判断はビジネスチャンスを逸することにつながります。だからこそ変革するべきは、コミュニケーション。従来のオンラインストレージは、コミュニケーションの共有を包含していなかったのです。

従来のコミュニケーション

eTransporter Collaboの
コミュニケーションは、
コンテンツ主導!

eTransporter Collaboはファイル共有におけるコミュニケーションのあり方を追求しています。データの更新情報が表示されてステータスがパッと見で把握できるだけでなく、プロジェクトメンバーを対象としたチャット機能を搭載。コミュニケーションをデータに紐付けられるため、忙しいときもデータの更新などを見落としにくいのです。もちろん、きめ細やかな権限管理によりメンバーを選別できるため、安心してご利用いただけます。

たとえば、広告制作。
チャットでデータ主導の
コミュニケーションを実現します。

もっと効率的な働き方を求められている

強固なセキュリティがなければ、
ワークスタイルは変革できない!

「働き方改革」を追い風に、多くの企業が働き手に「効率」を求めています。重視されるのは、時間や場所、そしてデバイスに縛られないワークスタイルの実現。しかし、それによってファイル共有には新たな落とし穴が…。多くのオンラインストレージは、外部協力先までを含めたチーム全体のセキュリティリスクを考慮していないのです。

自由なワークスタイルの実現

eTransporter Collaboは、
チーム全体を守るセキュアな環境!

eTransporter Collaboは権限管理によるアクセス権の管理だけでなく、ログの監視や外部からのアクセス制限といった情報漏えい対策を実装しています。さらに、その開発のベースにあるのは、法人向けファイル転送システム「eTransporter」です。中央官庁や自治体、金融機関など、ネットワーク強化を図るセキュリティに厳しい基準を持ったお客様への導入実績を通じて得た技術やノウハウを余すところなく結集。社内だけでなく、外部コラボにおいてもセキュアな環境の構築に寄与します。

さらに!
外部コラボを進化させる3つの特徴

チーム編成を自由にする
「ユーザ数無制限」

社外協力先とのコラボが当たり前の時代だからこそ、eTransporter Collaboはユーザ数無制限です。データを共有したい相手がeTransporter Collaboのアカウントを持っていなくても、ユーザとして招待することでデータを共有できます。また、同じ社外協力先でもプロジェクトが変わると別ユーザとして扱えるため、案件ごとの進行と情報管理の徹底を行えるのも特徴です。

チームの誰もが使いやすい
「ユーザインターフェイス」

外部コラボを前提にしたeTransporter Collaboは誰もが直感的に使えるインターフェイスを重視しました。オンラインストレージ慣れしていない人でもわかりやすい操作画面を実現。さらに、従来の多くのオンラインストレージとは違い、ファイル共有をしている各メンバーに与えられた権限をすぐに確認できる画面構成を採用しています。

チームの礎を支える
「導入形態」

特定の外部協力先と多くのデータを共有する。外部協力先が多岐に渡る。オンラインストレージの最適な導入形態は一社一社異なるものです。だからこそ、eTransporter Collaboはオンプレミス版とクラウド版をご用意。自社のセキュリティポリシーに適合できるオンプレミス版も、手間なくより安価に導入できるクラウド版も、安心して外部コラボを行えます。

「eTransporter Collabo」の描く未来

eTransporter Collaboが目指しているのは社内外をつなぐ究極のコラボレーションツールです。社外リソースをチームとして形成する時代だからこそ、さまざまな人、さまざまな場所をeTransporter Collaboというひとつのツールを通じて結びつけられないか。「権限管理」という特長を活かして、ビジネスのさまざまなシーンで、もっとセキュアな共有環境を構築できないか。そうした想いを実現できるように、これからも進化を重ねていきます。ご期待ください。

製品・サービスに関する
ご質問やご相談はこちらまで

株式会社NSDイノベーション