本文へジャンプ
利用形態
  1. ホーム
  2. 利用形態
  3. オンプレミス版

オンプレミス版

大容量ファイル転送システム「eTransporter」のオンプレミス版は、自社内にサーバーを導入、設置し、運用する自社運用型のシステムとなります。クラウドのサービスを使う場合のメリットは、初期導入費用や保守運用費用を低く抑えられることにあります。その一方ではセキュリティ、応答速度、データの保存先といった別の面を考慮する必要があります。

オンプレミス版は、自社内で運用管理するため、自社のセキュリティポリシーに適合させることができます。その他以下のようなメリットがあります。

  • ユーザー数無制限
  • 高パフォーマンス
  • 強固なセキュリティ
  • 社内システムとの連携可能
  • カスタマイズ可能

選定ポイント

  • 自社のセュリティポリシーと利用ユーザー数で、オンプレミスの選択肢が見えてくるはずです

■オンプレミス版ファイル転送

PAGE TOP