本文へジャンプ

ファイルサーバーアクセスログ監視ツール File Server Audit

動作環境

ホーム > 動作環境

監視用サーバー動作環境

File Server Auditはソフトウェア製品です。本製品を使用してファイルサーバーのアクセスログを監視するには、下記の要件を満たす監視用PCおよびポートミラーリング機能の付いたスイッチが別途必要となります。

File Server Audit V2 Enterprise
OS Windows Server 2008 R2/2012/2012 R2/2016
CPU Xeon E5 ファミリー 2.3GHz以上推奨
Memory 16Gbyte以上推奨
HDD 10Gbyte以上の空き容量
※別途追加でログを保存するスペースが必要
ネットワークカード 2枚(パケット収集用とログ閲覧用)
※Intel Server Adapter推奨
File Server Audit V2 Standard
OS Windows Server 2008 R2/2012/2012 R2/2016
CPU Xeon E5 ファミリー 2.3GHz以上推奨
Memory 16Gbyte以上推奨
HDD 10Gbyte以上の空き容量
※別途追加でログを保存するスペースが必要
ネットワークカード 2枚(パケット収集用とログ閲覧用)
※Intel Server Adapter推奨

このページの先頭へ↑

File Server Audit V2 DC
OS Windows Server 2008 R2/2012/2012 R2/2016
CPU Xeon E5 ファミリー 2.3GHz以上推奨
Memory 16Gbyte以上推奨
HDD 10Gbyte以上の空き容量
※別途追加でログを保存するスペースが必要
ネットワークカード 2枚(パケット収集用とログ閲覧用)
※Intel Server Adapter推奨
File Server Audit V2 R
OS Windows Server 2008 R2/2012/2012 R2/2016
CPU Xeon E5 ファミリー 2.3GHz以上推奨
Memory 16Gbyte以上推奨
HDD 10Gbyte以上(SCSI Ultra320)の空き容量
※ 別途追加でログを保存するスペースが必要
ネットワークカード 2枚(パケット収集用とログ閲覧用)
※Intel Server Adapter推奨

※ログを管理する為のデータベースとして、SQL Server 2008 R2 Express Editionが付属していますが、File Server Audit Rを含む構成、またFile Server Audit Enterpriseを含む構成の場合、別途SQL Server 2008 R2 Standard Edition/Enterprise Editionをご導入頂くことをご推奨いたします。

このページの先頭へ↑

監視対象環境

対応プロトコル SMB/CIFS、NetBIOS over TCP/IP、Kerberos
対応SMBバージョン SMB 1.0、2.0、2.1、3.0、3.02、3.11
動作確認済み
監視対象ファイルサーバー
Widows Server 2008 R2
Widows Server 2012
Widows Server 2012 R2
Widows Server 2016
動作確認済み
監視対象クライアント
Windows 7
Windows 8.1
Windows 10
対応ファイル Office 2010/2013/2016, テキスト, PDF
その他 Windows ExplorerやDOSプロンプト等で操作可能なファイル形式

※アプリケーション、OS等の組合せによっては、1操作に対して複数行のログが出力される場合があります。

対応ネットワーク 10/100BASE-T(File Server Audit Standard)
10/100/1000BASE-T(File Server Audit Enterprise)

※新OSへの対応につきましては、よくあるご質問をご確認ください。

このページの先頭へ↑

動作環境

  • 導入事例 三井住友カード株式会社様
  • 導入事例 藤田観光株式会社様
  • FSAが選ばれる理由がココに!