タブレットの活用により、全国の部拠点長が集まる会議をペーパーレス化!|iPad活用

本記事は掲載開始当時の内容を変更することなく掲載しております。

掲載開始当時はAndroidタブレット向けアプリを取り扱っておりましたが、2016年4月現在は取り扱っておりませんので、ご注意ください。

導入事例: 株式会社ティーガイア様

株式会社ティーガイア様がFileServerPadに決めた3つのポイント

  • ファイルサーバーとの連携
  • ActiveDirectoryとの連携
  • iOS・Androidの両OSに対応

携帯電話販売国内最大手 業界のリーディングカンパニー

株式会社ティーガイア
管理第二本部
情報システム部
開発構築グループリーダー
大中 圭介 氏

株式会社ティーガイア様(以下、同社)は、大手総合商社関連の東証一部上場、従業員数3,770名(2013年3月31日現在)の国内最大手の携帯電話販売会社である。同社は、全国に広がる販売網と販売ノウハウを駆使し、3つのコア事業を展開している。

1つ目は、モバイル事業であり、通信事業者の一次代理店として、スマートフォンを始めとする携帯電話、タブレットの販売だけでなく、スマートフォンのケース等を始めとするモバイル関連商材の販売強化にも取り組んでいる。
2つ目は、ソリューション事業であり、法人顧客向け端末販売に加えて、端末導入時の初期設定業務やMDMを含めた各種管理サポートサービスも提供している。そして3つ目は、決済サービス事業であり、ECやPINを用いた電子マネー系商材の販売を行っている他、中国(上海)においてもショップ運営と法人向けビジネスを展開している。

これらの事業領域を中心に、本格的な普及期に入ったスマートフォンやタブレットなどの新しいデバイスや、進化を続ける通信技術、多様なコンテンツを活用し、快適なモバイル環境の実現に貢献している。

FileServerPadの活用で、会議を効率化・合理化

株式会社ティーガイア
管理第二本部
情報システム部
開発構築グループ
情報基盤チーム
中田 陽介 氏

北海道から九州まで全国に営業拠点を構える同社は、年2回行われる全国拠点長会議の出席者が70人超。従来の会議では、紙資料を大量に印刷して配布していたが、直前まで幾度となく差し替えが発生し、運営担当者に大きな負担がかかっていた。また、地方の出席者は、大量の会議資料を持ち帰る際、途中紛失のリスクと背中合わせであった。

早くからタブレットの可能性に着目し、販売に力を入れてきた同社では、自社におけるタブレット活用の取り組みとして、会議資料のペーパーレス化と効率化に向け、導入を決断した。
導入により、大量の印刷コストの抑制及び削減、加えて直前の資料差し替えにも柔軟に対応出来るようになり、運営担当者の業務負荷は大幅に軽減できた。出席者の資料紛失リスクの軽減、業務の効率化・合理化に大きく貢献している。

「スマートフォン時代」を牽引していく同社にとって今回のタブレット活用は大変有意義なものになっている。

FileServerPadに決めた3つのポイント!

同社が<FileServerPad>選定時に着目したポイントは次の3点だ。


1点目は、ファイルサーバーとの連携。

「会議資料を連携設定したファイルサーバーに保存するだけで、自動変換により画像ファイルが生成可能。特別な変換作業が不要で簡単に閲覧可能となる使い勝手の良さを評価した。(大中 氏)」


2点目は、ActiveDirectoryとの連携。

「会議資料には機微な情報が含まれるため、アクセス権限の管理は最重要課題と認識していた。従来ActiveDirectoryで設定しているファイルサーバーのアクセス権を引き継げる事により、個別に必要となるユーザー管理の負荷が軽減可能と判断した。(中田 氏)」また、タブレットからはリモートで画像を閲覧するのみで、タブレットへのドキュメントファイルの保存が禁止できるため、端末紛失時の情報漏えいのリスクが極めて低い点も評価した。非常にセキュアで且つ運用負荷が掛からないシステム構成となっている点は選択理由の大きな判断材料となった。


3点目は、<FileServerPad>アプリが、iOS端末、Android端末いずれにも対応していることだ。

主要な通信事業者全てと取引がある同社では、ユーザーの担当業務や店舗に応じて、iOS端末とAndroid端末の双方が利用されている。そのため、タブレットを活用するシステムを導入するにあたり、両OSの対応は必須要件になっていた。同社は複数の製品を比較検討したが、結果は、ほとんどがiOS端末のみの対応だったため<FileServerPad>を採用する決め手になった。


導入後、<FileServerPad>は、当初の狙いであったアッパーレベルの会議でペーパーレス化や効率化に貢献したのはもちろんのこと、販売会社として自社事例としても挙げることも可能になった。

今後、タブレットからファイルサーバーを高速に閲覧できるという、シンプルな特徴を活かすため、社外からアプリベースで<FileServerPad>にアクセスできるようになることを期待している。マニュアル類の紙ベースの保管を取りやめ<FileServerPad>で閲覧するようにすること等、さらに活用の幅を広げるべく検討している。

株式会社ティーガイア様外観

株式会社 ティーガイア様  http://www.t-gaia.co.jp/
東京都渋谷区恵比寿4-1-18 恵比寿ネオナート
設立:1992年2月
従業員数:3,770名
資本金:3,106百万円(2013年3月31日現在)

他の事例記事を読む >
↑トップへ