本文へジャンプ

製品・サービス

  1. ホーム
  2. 製品・サービス
  3. セキュリティ Proofpoint(標的型攻撃対策 メールセキュリティソリューション)

標的型攻撃対策 メールセキュリティソリューション Proofpoint

豊富なモジュール、柔軟な展開モデルで電子メールセキュリティ・インフラの最適化・TCOを削減

標的型攻撃の約95%がメールをきっかけとなります。Proofpoint Targeted Attack Protectionは標的型メールに特化した標的型攻撃対策ソリューションです。

  • 検知
    世界中に流れるメールを独自にモデル化した安全なメールの傾向と導入企業が受信したメールの傾向とを比較し、不審なメールを検知
  • 保護
    検知したメールアドレス内に埋め込まれているURLの書き換え、ユーザが直接アクセスさせないようにします。
  • 対応
    悪意のあるWebサイトを通じてサービス利用者が不正なファイルを受信した場合、攻撃をリアルタイムに可視化し、そのファイルがもたらす脅威とその対応策をレポーティング
  • 防御
    マルウェアをサンドボックス内で実行して脅威を判定/分析し、防御

Proofpoint Enterprise Protection & Privacy 統合メールセキュリティ

クラウド型でスパム検知率99%をSLA保証したスパムエンジンを使用した統合メールセキュリティ。

インバウンドセキュリティ
ゼロデイ攻撃を検知し、未知の脅威と疑われるメールの検出および一時隔離 - 脅威を正確に分類します。



アウトバウンドセキュリティ
一時保留・ワンクリック削除/即時配送 ? 送信者による“送信後”の誤送信対策が可能です。



送信者 : メール送信
フィルタリング条件により、直ちに送信、または一時保留を判断。
一時保留時の自動応答
   強制送信リンク / 取り消しリンク / 暗号化リンク
メール確認後、強制送信、取り消し、または暗号化の何れかをリクエスト

クライアントPCへのインストールが一切不要。

Proofpoint Encryption メール暗号化

クラウド上で鍵を管理し、メール全体暗号によりセキュリティを確保します。



メール送信 - 通常通り、メールを送信
自動暗号化 - ポリシー※1に適合したメッセージを自動的に暗号化、メッセージ毎の鍵を生成。
自動通知 - 暗号化されたことを通知(リアルタイム)
送信済みメッセージの取り消し - 当該メールの鍵を削除後、受信者によるメッセージ参照不可。
※1 条件 - 送信先・送信元、添付ファイルあり・なし、添付ファイル種別 etc

ページの先頭へ戻る↑

お問い合わせ先

Proofpoint担当

E-mail:proofpoint@nsd.co.jp

電話:03-3257-1141

お問合せフォーム:Proofpointお問合せ

ページの先頭へ戻る↑